公務員になるための就職活動

一口に就職活動といっても、民間企業への就職と、公務員になるための就職活動は、違う点があります。なりたいものが公務員だという場合は、採用試験を受ける前に試験勉強をしなければ、筆記試験に通れません。公務員になるための試験を受ける場合、民間企業への就職活動と異なり、筆記試験をクリアするための準備が大事です。一次試験が終わると、なりたい公務員の内容によって、より専門性の高い二次の筆記試験にも合格しなければなりません。大学1年の段階から公務員試験の準備をスタートさせる人もいますし、予備校に行き始める人もいます。予備校に行って、公務員になるための試験対策を教わったり、勉強の仕方を知ることは、とても重要な意味を持ちます。希望倍率がどのくらいになるかは、その年々の経済情勢によっても大きく変わるものです。公務員は経済情勢が悪い時に希望者が殺到しますので、1990年代半ばから急速に採用倍率が伸びました。国内の経済情勢が悪化すると企業の業績も下がり、求人数を増やさなくなりますので、就職先が見つけにくくなります。公務員になりたい学生が増える背景には、景気の低迷で会社の存続が困難になるという切羽詰まった現実があります。公務員の一般職や、事務職の場合、100倍にもなり倍率をくぐり抜けないといけない時もありました。就職先に公務員を希望するなら、早期から試験対策をしておきましょう。経済情勢が悪化すると、一気に狭き門になってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です